ここが違う!光を用いたプロ脱毛のムダ毛処理法のポイント

現在のプロ脱毛は光を用いたムダ毛処理が主流

現在美容整形外科や形成外科など医療機関やエステや脱毛専門などのサロンで行うプロの脱毛では、何れも光を用いたムダ毛処理方法が主流となっているんですよ。その理由は、ムダ毛の毛根から根本的に解消できる効果をはじめ一度に多くのムダ毛を処理できる施術の効率性、また肌への負担を軽減して施術を行える安全性が挙げられます。もっとも、使用する光の種類が、医療機関では医療用レーザー、サロンではIPLやクリプトンライトなど比較的穏やかな光と違う為、これによりそれぞれのムダ毛処理方法に特徴があるんですよ。

医療機関で主流のレーザー脱毛処理の特徴

医療機関で現在主流を占めるレーザー脱毛は、強い威力を有した医療用レーザーを用いて施術を行い、特にそのマシーンは高度管理医療機器に指定されている為、医師の管理下のみで扱える医療機関独特の処理法となっています。そのムダ毛処理の特徴は、肌表面に現れたムダ毛部分を処理するカミソリや電気シェーバーとは異なり、肌内部に潜むムダ毛の毛根から再生を抑制して処理します。そして、特に医療用レーザーは肌の上から照射するだけで、毛根の細胞を破壊する威力がある為、毛周期に合わせた数度の照射毎の確実性が高く、効果的且つ効率的に処理ができる方法なんですよ。

サロン脱毛での光脱毛処理の特徴

エステや脱毛専門などのサロンで扱う光脱毛では、全般的に照射範囲が広く比較的穏やかな光の種類が採用されています。そして、その処理方法の特徴は、基本的なメカニズムではレーザー脱毛と同じですが、光が穏やかである為、毛根の細胞を破壊するのではなく、ダメージを与えることができる程度となっています。このことから、サロンによっては、光の威力だけではなく専用ジェルなどを併用することで処理の相乗効果を高めた方法が採用されていたり、また全般的に光が穏やかであるが故に痛み殆ど無く、全身のほぼ全ての脱毛部位を安全に処理できる特徴があるんですよ。

医療脱毛を東京で契約したい場合には、実績のある美容外科の専門医にカウンセリングを受けることで、各自の毛周期に合わせて施術ができます。