初心者必見!シェーピングで無駄毛を処理するときに守りたい3つのこと

必ずシェーピング用のクリームやフォームを使う

初めてシェーピングをするとき、何を用意したらいいかわからないという人もいるでしょう。カミソリさえあればいいんじゃないの?と思う方もいるかもしれませんが、乾いた肌にカミソリを使うと滑りが悪くて無駄毛を剃りにくいです。また、肌の表面が傷つきやすくなり色素沈着の現認になってしまうこともあります。そのためカミソリでシェーピングをする際には、必ずシェーピング専用のクリームやフォーム(泡)などを用いて行うようにしましょう。

シェーピング後には肌に合う化粧品で保湿

カミソリとシェーピングクリームを用意しておけば無駄毛の処理ができるようになります。しかし、肌に刃を滑らせることになるのでシェーピング後は肌が敏感な状態です。そのまま放っておくと肌トラブルの原因になってしまうので、必ず保湿をするようにしましょう。保湿には普段使用しているローションやクリームで大丈夫です。使い慣れていないものを新しく買って使おうとすると、肌に合わなかったり刺激が強かったりして、かえって肌に負担をかけてしまいます。いつも無事に使えている化粧品でシェーピング後の肌を保湿してください。

カミソリの刃が古くなったら交換する

カミソリもずっと使っていると劣化してしまいます。刃の切れ味が悪くなったり、細かい隙間に雑菌が入って不衛生になったりしてしまうのです。そのような状態になっても交換せずに使い続けてしまうと、肌へのダメージや雑菌の感染で肌トラブルが起こる可能性があります。古くなったと感じたら新しい刃に交換するようにしましょう。カミソリといっても使い捨てのものから替刃付きのものまで様々です。使い捨てのものは3本セットなどで売っていることが多いので、まだ使わない分は清潔な場所に保管しておきましょう。また、替刃も同様に埃などが付かないように保管してください。

医療脱毛の施術のテクニックを習得するために、複数のクリニックの脱毛方法を厳しくチェックすることが大事です。